葬儀を通して感じたこと、考えたこと

葬儀の種類とその後の供養について

人が亡くなったときは葬儀を行って見送るものでしょう。風習など地域によって色々な決まりごとがあるかもしれません。親類縁者、故人の友人、仕事関係の人や、地域での結びつきのある人など一人ひとりの思うところ感じるところはそれぞれでしょう。しかし、根底に亡くなった人を悼む気持ちが少しでもあることでその人を供養することになると思います。

葬儀屋という言葉があるように、葬儀は形式的な部分も多く、商業的な演出も目に付きます。葬儀を請け負った業者の言いなりになってしまうこともあるかもしれません。突然の訃報に動揺している遺族でも世間体を考え人並みのことはしなくてはならないからです。しかし、いざその場に立ち会ってみると故人の知り合いだけではなく親族の仕事関係などの義理の焼香者も多いことに驚きます。故人の顔も知らないのに仕事関係で喪主には世話になっているからなどです。確かに、助け合いなどの意味合いではそれも必要だと思います。しかし、最近では家族葬や密葬なども多くなってきているようです。遺族の気持ちを考えると近親者で静かに送りたいというのも納得できます。ただ、その場合は本当に身近な人にしか知らせが行かずお別れをしたかった人の耳に訃報が届くのが遅くなってしまうことがあり、どこまでお知らせをするか。難しいこともあるようです。

どのような葬儀にしても、お盆やお彼岸のお墓参りやお線香などで故人を悼み供養することはその後も続きます。供養は遺族の故人を思い出す縁として続けて行きたいものです。

Copyright 2019 葬儀を通して感じたこと、考えたこと All Rights Reserved.