葬儀を通して感じたこと、考えたこと

最近の葬儀や供養は簡略化されています

葬儀が終わったあと、お墓に埋葬し、供養しますよね。その後、お墓参りにいかれる方はいらっしゃいますか?たくさんの人がその方と深い関わりを持っていたら、ご自身が行けなくても、誰かがお墓参りに行ってくれるかもしれません。しかし、最近は核家族化や、少子高齢化がすすんでいる時代です。また、インターネットなどのつながりが、現実世界のつながりより重視されてしまうような世の中です。これでは、お墓参りに行かれる方が減る一方で、故人の方が浮かばれませんよね。ご自身が元気なうちは、しっかりとお墓参りに行き、故人の方が浮かばれるようにしましょう。墓石やそのまわりの掃除、お花やお供え物の交換を忘れずに行いましょう。そして、心を静かにして語りかけましょうね。

最近は、永代供養というものがあります。お墓というものは、そもそも同じお墓に先祖代々のお骨が埋葬される場所ですよね。しかし、最近の成人男女の独身割合の増加や、子どもがいない老夫婦など、後をついで埋葬される身内がいない場合があります。また、身内が皆高齢のため、お墓参りに行けなくなってしまうケースもあります。そんなときに利用するといいのが、永代供養です。私たちの代わりに、お坊さんが供養してくれるというものです。しかし、ちゃんと身内の方も手を合わせられるように、ロッカー式の納骨堂や、墓石も用意されています。こういったものをうまく利用し、故人の方が浮かばれるように考えて供養しましょう。

Copyright 2019 葬儀を通して感じたこと、考えたこと All Rights Reserved.