葬儀を通して感じたこと、考えたこと

故人の希望した葬儀は最高の供養。

最近では色々なお葬式が増えて来たかと思います。スタンダードな物は勿論ですが故人が生前好きだった物や生前に希望した方法でお葬式をする事も増えましたね。テレビでも良く取り上げられるのがカラオケ葬なんかではないでしょうか?歌うのが好きだったから、皆で最期は歌ってお別れをしましょう。と言うものだぢたりします。その他にも色々ありますが私が記憶に残っているのはゴシックロリータファッションのお孫さんがいたお婆さんの話です。とても仲が良くいつもお孫さんみたいなゴシックロリータファッションを着てみたいとニコニコしていました。もちろん、家族は反対していましたが…。そんなお婆さんが亡くなった時お孫さんがお婆さんに自分のゴシックロリータファッションの服をきせてあげたと言う話です。

異例ではあったと思いますが、お婆さんとお孫さんの約束だったようです。とても周りから反発をかったみたいではありますが、とても良い供養になったのではないでしょうか。やはり故人が希望してる事くらいは最期なので叶えてあげたいですよね。まだまだ日本は厳しいかとは思いますが…。大切な家族の葬儀ですから周りに恥ずかしくないようにと思うのもわかりますが、そこまでして見栄をはるのもいかがなものかと、大切な家族だからこそ最高のお見送りをしてあげたいですね。変な話にはなりますが理想の葬儀と言うものを考えて、用意しておくのも良いかと思います。なるべく理想に近い形で故人を供養してあげたいと思うのです。大切な人・自分の葬儀の事を少し考えてみてはいかがでしょう?

Site Recommend

Copyright 2019 葬儀を通して感じたこと、考えたこと All Rights Reserved.